挿入時は騎乗位がぎこちないので、手をつないであげたり 戸田真琴


エロ動画

ハイビジョン ミニ系 セーラー服 3P・4P デカチン・巨根 おもちゃ 単体作品 企画
処女でAVデビューを果たした戸田真琴。2作目となる今回のテーマは‘初めて尽くし’。全身の性感を開発される初イキSEX、初めて見るバイブ・電マ・ローターを使ったおもちゃ責めSEX、屋外での初露出×巨根SEX、オイルまみれの激ピストン3PSEXの4本番でSEXを知ったばかりの少女が新たな快感に目覚めます4本番で戸田真琴ちゃんにたくさんの初めてを経験させよう、そしてそれを愛でようという作品。絶頂、玩具、野外、巨根、3Pなどなど、初めてづくしです。初めての巨根って昔の男に失礼だろう……と思いきや、真琴ちゃんはAVで処女卒業して、今回が二作目なんです。最近は処女ものが増えたせいか、「反応が物足りなかった!」とか、「初々しさが足りないように感じました」など容赦ない贅沢を言うユーザーも散見されますが、不思議なほどファンも関係者もじっくり成長を見守っている女優さんです。文系男子の教えたい欲をほどよく刺激する雰囲気だからかもしれません。そんな真琴ちゃんにまずはイクを教えるべく、前戯に時間をかけてセックス。二回目の撮影で、絶対イカせる!的な宣言までされたら、気が気じゃなくて嘘をつきそうなものですが、真琴ちゃんは嘘をつきません。BGMが流れているので聞こえませんが、逐一監督から「後ろ向いて」「パンツ食い込ませて」と指示されていそうな、ぎこちないイメージ映像も萌えます。これが萌えという感情です。無事にイケるようになった真琴ちゃんを、今度はローターやバイブで責めていきます。「なんだかわからないから怖い」という120点のコメントの真琴ちゃん。挿入時は騎乗位がぎこちないので、手をつないであげたり、下から動いてあげたり、いろいろと工夫しています。しかし驚くべきことに、顔射される時に舌を出したのです。誰だそんなこと教えたの! やめろ! セーラー服での野外セックスや、ブルマでオイルまみれの3Pも目の保養になります。最終的には喘ぎ声も大きくなって、潮も吹いていました。あっという間に痴女プレイとかできるようになっちゃうのかな……。見たいような、寂しいような